AOSデータ社、X-Techのバイオテックでバイオ業界のパフォーマンス向上「バイオデータプラットフォームAOS IDX」をBIOTech関連事業にInside実装サービスを開始
~タイパのいい製品開発にデータを用いるData to AI®仕事術~

By 2023年7月25日 7月 31st, 2023 お知らせ

AOSデータ社、X-Techのバイオテックでバイオ業界のパフォーマンス向上「バイオデータプラットフォームAOS IDX」をBIOTech関連事業にInside実装サービスを開始

~タイパのいい製品開発にデータを用いるData to AI®仕事術~

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下 AOS データ社)は、バイオテックにおいて、遺伝子工学、生物工学、生物化学、バイオインフォマティクスなどの分野からの知識と手法を応用し、生物の特性や能力を活用することで新たな製品やサービスの創造する持続可能な社会の実現や医療の進歩、環境保護への貢献するためのバイオデータの保存管理やデータのリスク管理までデータを総合的にマネジメントし、AIによるデータ分析や活用につなげることができるデータマネジメント製品「バイオデータプラットフォームAOS IDX」(https://AOSIDX.jp/)のInside実装サービスを、2023年7月25日より販売開始することをお知らせします。

BOTechでデータを統合管理する「バックオフィスデータプラットフォーム AOS IDX」

■高まるバイオテックのニーズ

BIOTech(バイオテック)とは、BIO(生物学)とTechnology(技術)を組み合わせた言葉で、生物学と技術の融合に基づいた科学技術分野であり、生物の特性や能力を活用して医薬品、農業製品、エネルギー、環境保護、工業製品などの開発や生産を行うための技術を指します。
遺伝子工学、生物工学、生物化学などの分野からの知識と手法を応用し、新たな製品やサービスの創造を推進します。医薬品開発や遺伝子治療、農業バイオテック、環境バイオテック、産業バイオテックなどがその主要な分野です。

近年、科学技術が目覚ましく進歩しています。このような進歩は、私たちの日常生活や社会の様々な分野において大きな影響を与えています。この技術の背景には、生物学と技術の進歩、医療や環境の課題、ナノテクノロジーや情報技術の進展、そして技術開発への投資や政策支援などが挙げられます。バイオテックの発展は、持続可能な社会の実現や医療の進歩、環境保護に大いに貢献することが期待されています。
バイオテックが生まれた背景について以下で説明します。

  1. 生物学と技術の進歩
    20世紀後半から21世紀初頭にかけて、生物学や遺伝学、生化学などの分野で多くの進歩がありました。DNAの解析技術の発展や遺伝子の操作技術の向上など、生物の基本的なメカニズムを理解するための知識やツールが進化しました。
  2. 医療や環境の課題
    現代社会では、医療や環境の課題が顕在化してきました。難治性の疾患の治療や予防、食料供給やエネルギー資源の持続可能性、環境汚染の対策など、従来の手法や技術では解決が難しい問題が存在しました。
  3. ナノテクノロジーや情報技術の進歩
    バイオテックは、ナノテクノロジーや情報技術との融合により大きく発展しました。ナノスケールの素材や装置の開発により、微細な生物学的プロセスを制御することが可能になりました。また、高速なデータ解析やモデリング技術の進歩により、生物の情報を効果的に利用できるようになりました。
  4. 技術開発への投資と政策支援
    多くの国や企業がバイオテックの研究開発に注力し、投資や政策支援を行いました。このような支援により、バイオテックの研究環境や産業基盤が整備され、イノベーションが促進されました。

バイオテックの生まれた背景

持続可能な社会の実現や医療の進歩、環境保護への貢献

これらの要素が組み合わさり、バイオテックは急速に発展し、医薬品、農業製品、環境技術などの分野で多くの成果を上げるようになりました。バイオテックの発展は、持続可能な社会の実現や人々の健康と福祉に寄与すると期待されています。

■バイオテックにおける分野とキーワード

現代社会において、科学技術の進歩は私たちの生活や社会のさまざまな分野に大きな影響を与えています。その中でも、バイオテックは生物学と技術の融合により、医療、農業、環境、エネルギーなどの分野で革新的な解決策や持続可能な技術の開発に取り組んでいます。バイオテックの主な分野として、医薬品開発、遺伝子治療、農業バイオテック、環境バイオテック、バイオリファイナリー、合成生物学、バイオセンサー技術などがあります。医薬品の研究開発や治療法の進化、農業生産の効率化や食料供給の安定、環境保護や再生可能エネルギーの開発など、これらの分野においてバイオテックは重要な役割を果たしています。
バイオテックの主要な分野は、以下のようになります。

  1. 医薬品開発
    バイオテックは、新たな薬剤の発見や治療法の開発において重要な役割を果たしています。遺伝子工学を用いた遺伝子治療や細胞療法、モノクローナル抗体の製造、タンパク質や酵素の生産など、バイオテックは薬物の設計、生産、効果評価において画期的な進展をもたらしました。
  2. 遺伝子治療
    遺伝子治療は、遺伝子の修正や挿入により、遺伝性疾患やがんなどの治療を行う分野です。バイオテックの手法を用いて、遺伝子を修正し、正常な遺伝子を導入することで、疾患の原因を取り除くか治療することを目指しています。
  3. 農業バイオテック
    農業バイオテックは、農作物の改良や病害虫の管理、農業生産の効率化に応用されています。遺伝子組み換え作物の開発により、収穫量の向上や耐病性の強化が可能になり、食料供給の安定性向上に貢献しています。
  4. 環境バイオテック
    環境バイオテックは、汚染物質の分解や廃棄物処理、再生可能エネルギーの生産など、環境保護と持続可能な資源管理に関わる分野です。バイオテックを応用して、微生物や酵素を活用した生物処理やバイオリメディエーションなど、環境負荷の低い技術が開発されています。
  5. バイオリファイナリー
    バイオリファイナリーは、生物由来の原料を利用して、化学物質や燃料を生産する技術です。バイオテックを駆使して、植物や微生物から得られるバイオマスを変換し、石油由来の物質やエネルギー源の代替品を生み出す取り組みが行われています。
  6. 合成生物学
    合成生物学は、生物学的な部品や回路を設計し、生物系の機能をカスタマイズして新たな機能を創出する分野です。DNA合成技術や遺伝子回路の設計などを用いて、生物の生産能力や物質変換能力を向上させることが目指されています。
  7. バイオセンサー技術
    バイオセンサー技術は、生物を利用して物質の検出や測定を行うセンサー技術です。生物由来の特異的な反応性や結合能を利用して、病原体や環境汚染物質の検出、血液中の生体分子の測定などが可能になります。

バイオテックの分野

これらの分野は、バイオテックの応用範囲の一部を示しています。それぞれがさまざまな技術や手法を組み合わせて研究・開発が進められており、医療、農業、環境、エネルギーなどの領域において革新的な解決策や持続可能な技術の実現に寄与しています。

また、バイオテックにおいて、現在注目されている技術とトレンドはいくつかあります。例えば、CRISPR-Cas9技術やゲノム編集技術は、遺伝子の編集や修正に革新的な手法を提供し、医療や農業の分野での応用が進んでいます。また、シングルセル解析やバイオインフォマティクスは、生物の個々の細胞や大規模なデータの解析を通じて新たな知見を得るための手法です。合成生物学やバイオファーマシューティカルの分野では、生物の機能をカスタマイズして新たな製品や治療法の開発が行われています。イクロバイオーム研究は、微生物の集合体であるマイクロバイオームの解析や応用研究が進んでいます。これらの技術とトレンドは、バイオテックの研究開発や産業の進展において重要な役割を果たしています。

  1. CRISPR-Cas9技術
    遺伝子の編集や修正に利用されるCRISPR-Cas9は、高い精度と効率を持つ革新的な技術です。医薬品開発や疾患治療、農作物の改良などに応用され、さまざまな研究や実用化が進んでいます。
  2. ゲノム編集
    CRISPR-Cas9を含むゲノム編集技術は、遺伝子の修正や組み換え、遺伝子のスイッチの制御などを可能にします。疾患の原因遺伝子の修正や新たな治療法の開発、農作物の耐性や品質の向上が追求されています。
  3. シングルセル解析
    シングルセル解析技術は、個々の細胞の遺伝子発現や機能を詳細に解析する手法です。がんのヘテロジェネオス性や組織の発達過程など、細胞の多様性や動態に関する理解が進展しています。
  4. バイオインフォマティクス
    バイオインフォマティクスは、生命科学のデータ解析において重要な分野です。遺伝子解析やタンパク質相互作用の予測、大規模データの統合などに応用され、生物学的な知見の獲得や新たな研究の指針となっています。
  5. 合成生物学
    合成生物学は、生物学的な部品や回路を設計し、生物の機能をカスタマイズする技術です。生物の生産能力の向上や新規化合物の合成、環境修復など、さまざまな応用が進められています。
  6. バイオファーマシューティカル
    バイオテック企業による医薬品の研究開発や生産が盛んになり、バイオファーマシューティカルと呼ばれる分野が成長しています。バイオテックを活用した新たな医薬品の開発やバイオシミラーの登場が期待されています。
  7. マイクロバイオーム研究
    マイクロバイオーム研究では、体内や環境中に存在する微生物の集合体であるマイクロバイオームの解析が注目されています。健康や疾患、環境の状態との関連性の解明や、微生物を活用した治療法や環境保護の手法の開発が進められています。

バイオテックで注目されているキーワード

これらの技術とトレンドは、バイオテックの研究や産業の進展に大きな影響を与えています。さまざまな領域での革新的な解決策や持続可能な技術の実現が期待されています。

■バイオテックにおける日本の強み

日本において、バイオテックは特に強力な優位性を持っています。その強みは、複数の要素によって支えられています。まず、日本は先進的な研究基盤を有しており、大学や研究機関によって行われる高品質な研究がバイオテックの分野で多く生み出されています。また、日本企業の技術力とイノベーションへの取り組みは顕著であり、バイオテックにおいても優れた製品や先端技術の開発が行われています。日本の医療産業の強みや高度な医療システムは、バイオテック企業が新たな治療法や製品の研究開発を効果的に進めることを可能にしています。日本の人材の質と多様性もバイオテックの強みの一つであり、優れた研究者や技術者の存在や異なる専門分野からの協働がイノベーションを促進しています。さらに、日本の厳格な規制と安全性への取り組みによって、信頼性の高い製品や技術の開発が行われることが求められています。これらの要素により、日本はバイオテックの分野において競争力を持ち、さまざまな可能性と成長の機会が存在しています。

  1. 先進的な研究基盤
    日本は、バイオテックの研究開発において高いレベルの研究基盤を有しています。国内の大学や研究機関は、バイオテックの分野で多くの優れた研究成果を生み出しており、基礎研究から応用研究まで幅広い領域でのリーディングな取り組みが行われています。
  2. 技術力とイノベーション
    日本企業は、高度な技術力を持ち、イノベーションを追求する文化が根付いています。バイオテックにおいても、高品質な製品や先端技術の開発に取り組む企業が多く存在し、新たな治療法や製品の創造に注力しています。
  3. 医療産業の強み
    医療産業においても優れた地位を持っています。高度な医療システムや医療技術の発展、優れた臨床試験能力などがあります。これにより、バイオテック企業は医薬品の研究開発や臨床試験を効果的に進めることができます。
  4. 人材の質と多様性
    高い教育水準を持ち、バイオテックに関する優れた研究者や技術者を輩出しています。また、多様な背景や専門分野を持つ人材が存在し、異なる視点からの協働やイノベーションが生まれやすい環境があります。
  5. 厳格な規制と安全性への取り組み
    日本では厳格な規制が存在し、製品の安全性や品質管理が重視されます。これにより、信頼性の高い製品や技術の開発が求められ、市場において高い評価を得ることができます。

これらの要素により、日本はバイオテックの分野において競争力を持っています。国内外の企業や研究機関との連携や知識の共有、国内外への展開など、さまざまな形で日本のバイオテックの強みを活かして発展していくことが期待されています。

■バイオテックにおいて注目されるデータプラットフォーム

「バイオデータプラットフォーム AOS IDX」は、バイオ業界を取り巻く環境において生成される膨大なデータを管理するためのバイオテックにおけるデータプラットフォームです。データプラットフォームは、バイオテックにおいて重要な役割を果たしています。

バイオテックは多岐にわたるデータを扱い、その処理、統合、解析、共有、保護が求められます。データプラットフォームは、このような要求に応えるための基盤として機能し、バイオテックの研究や開発を支える不可欠な要素となっています。具体的には、大規模なデータの処理と統合、データ駆動のイノベーションの促進、共有とコラボレーションの促進、機械学習や人工知能の活用、安全性とコンプライアンスの確保などが挙げられます。データプラットフォームの存在は、バイオテック研究者や企業にとって貴重な情報源であり、効率的なデータ活用と意思決定を支援します。さらに、データの共有やコラボレーションを容易にすることで、異なる研究者や組織間の相互作用を促進し、バイオテックの進展を加速させることが期待されます。

  1. 大規模なデータの処理と統合
    バイオテックは、遺伝子情報、タンパク質情報、生体データなど、多岐にわたるデータを扱います。データプラットフォームは、これらの大規模なデータを収集、処理、統合するための基盤となります。データの統合により、異なるデータソースからの情報を総合的に分析し、新たな洞察やパターンの発見が可能になります。
  2. データ駆動のイノベーション
    データプラットフォームは、バイオテックの研究や開発においてデータ駆動のイノベーションを促進します。データの蓄積や解析により、新たな治療法や製品の開発に関する優れた洞察を得ることができます。データに基づくアプローチは、研究者や企業にとって貴重な情報源であり、効率的な意思決定や戦略立案を支援します。
  3. 共有とコラボレーションの促進
    バイオテックの分野では、研究機関、大学、企業などが共同研究や情報の共有を行うことが重要です。データプラットフォームは、データの共有やコラボレーションを容易にするための基盤となります。研究者や企業は、データプラットフォームを通じてデータや知識を共有し、相互の研究成果や発見を活用することができます。
  4. 機械学習と人工知能の活用
    データプラットフォームは、機械学習や人工知能の技術と組み合わせることで、データの解析や予測能力を向上させることができます。大量のデータを基にした機械学習モデルやアルゴリズムの構築により、疾患の予測や効果的な治療法の開発など、より正確かつ迅速な成果を得ることができます。
  5. 安全性とコンプライアンスの確保
    バイオテックにおけるデータは、機密性や個人情報の保護が求められる場合があります。データプラットフォームは、セキュリティ対策やプライバシー保護のための仕組みを提供し、データの安全性とコンプライアンスを確保する役割を果たします。

バイオテックにおけるデータプラットフォームの役割

これらの理由から、バイオテックにおいてデータプラットフォームは重要であり、データの収集、統合、解析、共有、保護などの側面でバイオテックの研究や開発を支える不可欠な要素となっています。

「バイオデータプラットフォーム AOS IDX」は、バイオ業界を取り巻くデータの収集・作成・保存・共有・管理し、リスクから保護することができます。

バイオデータプラットフォーム AOS IDX

■バイオデータプラットフォームが果たす役割とAOS IDX について

バイオテックの進展において、データプラットフォームが果たす役割は非常に重要です。データプラットフォームは、データの保管と共有に関する機能を提供し、バイオテックの研究や開発を効率化し、成果の最大化を図る役割を果たします。データプラットフォームは、バイオテックの研究者や企業が膨大なデータを安全に保管し、効率的に利用するための基盤となります。また、データの統合や共有によって、異なるデータソースからの情報を一元的に管理し、研究者や組織間でのデータ共有とコラボレーションを促進します。さらに、データのアクセスと検索の容易さや、データの可視化と分析による洞察の獲得は、バイオテックの研究や開発の進展において不可欠な要素です。データプラットフォームの存在は、バイオテックの研究者や企業にとって貴重なリソースであり、新たな知見の発見や効率的な意思決定の支援を可能にします。

  1. データの保管
    バイオテックでは、遺伝子情報、タンパク質情報、臨床データ、試験結果など、多岐にわたるデータが生成されます。データプラットフォームはこれらのデータをセキュアに保存し、長期的な保管を行います。データの保管には高度なセキュリティ対策が含まれ、データの完全性と機密性を確保する役割を果たします。
  2. データの統合
    バイオテックの研究や開発には、異なるデータソースからの情報が必要です。データプラットフォームは、複数のデータソースからのデータを統合し、一元化されたビューを提供します。これにより、異なるデータタイプやフォーマットを持つデータを統合的に管理し、関連情報の相互関係を把握することができます。
  3. データの共有とコラボレーション
    バイオテックの研究者や企業は、データの共有とコラボレーションが重要です。データプラットフォームは、研究者や組織間でデータを共有するための基盤を提供します。共有されたデータは、他の研究者や専門家との知識交換や相互作用を促進し、研究の進展やイノベーションの加速に寄与します。
  4. データのアクセスと検索
    研究者や利害関係者が必要なデータにアクセスし、検索するためのインターフェースを提供します。データの効率的な検索とアクセスは、研究の迅速な進展や新たな洞察の獲得に不可欠です。
  5. データの可視化と分析
    データの可視化と分析にも役立ちます。データの可視化により、パターンや傾向の発見が容易になります。また、統計分析や機械学習の手法を用いてデータを解析することで、新たな知見や予測モデルの構築が可能になります。

バイオテックにおける
データプラットフォームが提供する
データ保管と共有と利点

データプラットフォームによるデータの保管と共有は、バイオテックの研究や開発において重要な役割を果たします。データのセキュリティ確保、データの統合と一元化、共有とコラボレーションの促進、効率的なデータアクセスと検索、データの可視化と分析により、バイオテックの進展と成果の最大化が期待されます。

また、バイオテックは、さまざまな分野で幅広いデータを活用して革新的な成果を生み出しています。
具体的には、ゲノム研究では遺伝子配列情報やゲノム変異情報を解析し、疾患のリスク評価や新たな治療法の開発に活用されます。プロテオミクスではタンパク質の発現情報や相互作用データを解析し、タンパク質の機能解析やバイオマーカーの探索が行われます。バイオインフォマティクスでは遺伝子配列データやバイオロジカルパスウェイデータを活用し、遺伝子のアノテーションや新薬標的の特定が行われます。シングルセルオミクスでは個々の細胞の遺伝子発現プロファイルや細胞表面マーカー情報を解析し、細胞の多様性解析や再生医療のための細胞選別が行われます。バイオファーマシューティカルでは薬物候補の化学情報や試験結果を活用し、新規医薬品の探索と開発が行われます。農業バイオテックでは、作物の遺伝子情報や環境データを解析し、作物の耐性や収量向上、病害虫の防除戦略の開発が行われます。マイクロバイオーム研究では微生物の遺伝子情報や環境因子のデータを解析し、健康や環境保護に関する知見が得られます。
これらの分野では、データ駆動のアプローチにより、革新的な成果が生み出され、医療、農業、環境保護などの領域において重要な貢献が期待されています。

【バイオテックにおけるデータとデータ活用の例】

  1. ゲノム研究:
    データ: 遺伝子配列情報、ゲノム変異情報、エピゲノムデータなど
    活用方法: 遺伝子の解析や変異の特定、遺伝子発現のプロファイリング、遺伝子の機能予測、疾患のリスク評価など
  2. プロテオミクス:
    データ: タンパク質の発現情報、タンパク質間相互作用データ、タンパク質の修飾情報など
    活用方法: タンパク質の機能解析、バイオマーカーの探索、タンパク質相互作用ネットワークの解明、疾患の分子メカニズムの理解など
  3. バイオインフォマティクス:
    データ: 遺伝子配列データ、タンパク質情報、バイオロジカルパスウェイデータなど
    活用方法: 遺伝子のアノテーション、バイオマーカーの予測、遺伝子発現データの解析、新薬標的の特定など
  4. シングルセルオミクス:
    データ: 個々の細胞の遺伝子発現プロファイル、細胞表面マーカー情報、細胞の機能情報など
    活用方法: 細胞の多様性解析、細胞の発生過程の解明、がん細胞のヘテロジェネオス性の評価、再生医療のための細胞選別など
  5. バイオファーマシューティカル:
    データ: 薬物候補の化学情報、試験結果、創薬データベースなど
    活用方法: 新規医薬品の探索と開発、創薬候補の評価と最適化、創薬データの解析、薬物の副作用予測など
  6. 農業バイオテック:
    データ: 作物の遺伝子情報、農業環境データ、病害虫のゲノム情報など
    活用方法: 作物の耐性や収量向上のための遺伝子改良、病害虫の防除戦略の開発、農業環境のモニタリングと管理など
  7. マイクロバイオーム研究:
    データ: 微生物の遺伝子情報、微生物群集の組成データ、環境因子のデータなど
    活用方法: 健康と微生物の関連性の解明、腸内フローラの解析と調節、土壌微生物の活用による農業生産性の向上、環境保護のための微生物の活用など

これらの分野では、各々の特定のデータを収集し、解析・統合して新たな洞察を得ることで、疾患治療法の開発、新規製品の設計、持続可能な農業の推進、環境保護など、さまざまな応用が行われています。データ駆動のアプローチにより、バイオテックの領域において革新的な成果が生まれることが期待されています。

このように、データプラットフォームは、バイオテックにおいてデータの活用を最大限に引き出すための基盤となります。

■国内のAOS IDXプラットフォームがバイオデータの課題を解決

バイオデータの活用には、いくつかの課題が存在します。バイオデータは複雑で大容量の情報を含み、データ品質や信頼性、保管とセキュリティ、データの統合と相互運用性、倫理と規制、データの解析と応用など、さまざまな側面での課題が浮き彫りになっています。データの複雑性や大容量性に対処するためには、高度な技術と計算リソースが必要です。また、データの品質と信頼性の向上、データの保管とセキュリティ対策の確保、データの統合と相互運用性の確保、倫理と規制の考慮、データの解析手法と応用の開発が必要です。
これらの課題への取り組みが進むことで、バイオデータの価値が最大限に引き出され、バイオテックの進展が加速されることが期待されています。

  1. データの複雑性と大容量性
    バイオデータは非常に複雑であり、大容量の情報を含んでいます。遺伝子配列データやタンパク質の発現データなど、さまざまなデータタイプや形式が存在し、その解析や統合には高度な技術と計算リソースが必要です。
  2. データ品質と信頼性
    バイオデータはデータの収集や処理過程で生じるノイズや誤差が含まれる場合があります。また、異なる研究や実験からのデータの整合性や標準化にも課題があります。データ品質の向上と信頼性の確保は重要な課題です。
  3. データの保管とセキュリティ
    機密性や個人情報の保護が求められる場合があります。データの保管やセキュリティ対策の確保は重要です。また、データの共有や利用においてもプライバシー保護やデータの権限管理が必要です。
  4. データの統合と相互運用性
    さまざまなデータソースから収集されるため、異なるデータ形式やプラットフォームでのデータの統合が課題となります。データの相互運用性や標準化の取り組みが必要です。
  5. 倫理と規制の課題
    個人の遺伝情報や医療データなど、プライバシーや倫理的な問題を含む場合があります。データの収集や利用においては、倫理的な観点や法的な規制に対応する必要があります。
  6. データの解析と応用の課題
    バイオデータは膨大で複雑なため、効果的な解析手法やアルゴリズムの開発が求められます。また、データの解釈や応用においても課題があります。データから有益な知見を引き出し、実際の医療や製品開発に応用するための方法やツールの開発が重要です。

バイオデータにおける課題

これらの課題への取り組みが進むことで、バイオデータの価値と活用の幅がさらに拡大し、バイオテックの進展が促進されることが期待されています。

■「バイオデータプラットフォームAOS IDX」の特長

「バイオデータプラットフォーム AOS IDX」は、厳格かつ柔軟なアクセス権限管理機能や、ドキュメントへの検索用メタデータ付与によるデータ検索性の強化、AIデータ活用に向けたマルチモーダルAIへの対応、ファイルビューアー機能、暗号化および監査機能、バックアップ機能、および大容量長期保管向けアーカイブシステム機能を備えています。AOS IDXは、バイオ業界に携わる企業向けに設計されたクラウドストレージのSaaSです。

(1)バイオ業界におけるデータをバックアップし、どこからでもアクセスできるようにする
(2)内部や外部と安全な共有をし、チームコラボレーションを効果的に行う
(3)すべてのドキュメントのバージョンと変更を追跡する
(4)VDRドリブンセキュリティにより、セキュリティとコンプライアンスを最大化して、企業内外の関係者のデータを安全に保つ
(5) AI活用を見据えた検索用メタタグ機能
(6)大規模なコスト削減を可能にする大容量データ管理機能
(7)独自カスタムブランドでの展開、ロゴ設定可能
(8)マルチモーダルAIへの対応

■バイオ業界のコストとタイムパフォーマンスの向上「バイオデータプラットフォームAOS IDX」

データ共有、保存、活用のデータプラットフォームにより、データを収集し、AIによって膨大なデータを分析・処理し、バイオテック分野での最適な効率性と最適化、多岐にわたる利益を提供することができます。

データプラットフォームの導入により、バイオ業界ではAIの活用が広がっています。バイオデータの蓄積とAI技術の組み合わせにより、疾患予測や診断支援、薬物探索と開発、バイオプロセス最適化、臨床試験デザイン、健康管理と予防医療、ゲノム編集の精度向上、治療効果予測とパーソナライズド医療、バイオマーカーの探索、病理画像解析、ドラッグリパーポジショニング、トランスクリプトミクス解析、バイオインフォマティクスとデータマイニングなど、さまざまな領域でのAI活用が進んでいます。データプラットフォームは、多様なバイオデータを収集・統合し、AIアルゴリズムの適用によって有益な知見や予測モデルを生成するための基盤となっています。これにより、バイオ業界では研究・開発の効率化や新たな発見、治療効果の最適化などが実現され、医療や製品開発における革新が推進されています。
以下に、バイオ業界におけるAI活用の具体的な例を挙げます。

  1. 疾患予測と診断支援
    データプラットフォームを活用して膨大な患者データや遺伝子情報を統合し、AIアルゴリズムを適用することで、疾患の予測や診断支援を行います。
  2. 薬物探索と開発
    データプラットフォームに蓄積された化合物情報や試験結果を活用し、AIを用いて薬物の効果予測や創薬候補の特定を行います。
  3. バイオプロセス最適化
    生成するプロセスデータやセンサーデータを収集し、AIを活用して生産プロセスの最適化や品質管理を行います。
  4. 臨床試験デザイン
    過去の臨床試験データを解析し、AIを活用して効果的な試験デザインやサンプルサイズの最適化を行います。
  5. 健康管理と予防医療
    個人の健康データやライフスタイル情報をデータプラットフォームに統合し、AIを用いてリスク予測や予防策の提案を行います。
  6. ゲノム編集の精度向上
    ゲノム編集技術におけるデータプラットフォームの活用により、AIを利用してゲノム編集の精度を向上させます。
  7. 治療効果予測とパーソナライズド医療
    患者の遺伝子プロファイルや病歴データをデータプラットフォームに統合し、AIを活用して治療効果の予測やパーソナライズド医療の提案を行います。
  8. バイオマーカーの探索
    大規模なバイオデータを統合し、AIを用いて有望なバイオマーカーの探索を行います。
  9. 病理画像解析
    病理スライドや画像データを統合し、AIを活用して病理画像の自動解析や病変の検出を支援します。
  10. ドラッグリパーポジショニング
    既存の薬剤データを統合し、AIを利用して新たな適応症や効果の再評価を行います。
  11. トランスクリプトミクス解析
    遺伝子発現データを統合し、AIを活用して遺伝子の発現パターンの解析や新たなバイオマーカーの特定を行います。
  12. バイオインフォマティクスとデータマイニング
    バイオデータを統合し、AIを利用してデータのマイニングやパターンの発見を行います。

バイオテックにおけるAI利用

これらの例は、バイオデータの蓄積とAI技術の組み合わせにより、バイオ業界における効率的な研究・開発、新たな発見、治療効果の向上などが実現される可能性を示しています。

■■「バイオデータプラットフォーム AOS IDX」とData to AI仕事術

バイオテックを取り巻く環境や携わる企業内に存在する様々なX-Techにおけるツールやデバイスで生成される膨大なデータを適切に管理することで、AIに向けたデータ活用の準備を進めることができます。
AIにおけるデータプラットフォームには、AIデータの源となる、各分野に分散されている大量かつ多岐にわたるデータドリブンのためのデータを効率的かつ安全に収集、保存、管理することが求められ、これらのAI学習データを適切に保存管理することができる AIデータマネジメントが重要です。AIの成功は、AIアルゴリズムのトレーニングに使用するトレーニングデータの品質と、AIライフサイクルによるメンテナンスが重要な鍵となります。

バイオテックにおけるデータマネジメントとAIライフサイクル

AIの精度を高めるためには、データの品質を向上させることも重要です。AOS IDXにおけるデータ管理は、データの品質を確保するためにも重要です。データの収集、整理、保存、共有、分析などの過程で、データの品質を確保することが必要です。

 

AOS IDXでは、こうしたAIライフサイクルの仕組みとマルチモーダルAIへの適用に基づき、AIデータにおけるAIシステムのためのAIデータ管理を行い、企業における優秀なデータがあって初めて優秀なAIシステムを実現できるというData to AIのコンセプトの元、AOS IDXによって、水産業の効率性向上、リスクの最小化、持続可能な運営を実現向けたプラットフォーム構築を支援します。

■「バイオデータプラットフォーム AOS IDX」を支える各賞受賞実績の技術

「AOS IDX」は、経済産業大臣賞に輝くAOSグループのリーガルテックの技術、ITreview Grid Awardの3部門で13期連続受賞、2020年11月ITreview Customer Voice Leaders受賞の「AOSBOX」のクラウドバックアップ技術、BCN AWARD システムメンテナンスソフト部門最優秀賞を14年連続受賞したデータ管理技術、経済産業大臣賞を受賞したグループ企業のリーガルテック社のVDR技術を融合し、安全なデータのやりとりと共有および保管システムを基盤とするインテリジェントなDXソリューションとして開発されました。

■「バイオデータプラットフォーム AOS IDX」サービス概要https://AOSIDX.jp/
  • サービス名:バイオデータプラットフォームAOS IDX(バイオデータプラットフォーム エーオーエスアイディーエックス)
  • 提供開始:2023年7月25日
  • 価格:月額16,500円(税込)~

【AOSデータ株式会社について】

名 称:AOSデータ株式会社
代表者:春山 洋
設 立:2015年4月
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円)
URL: https://www.aosdata.co.jp/

AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業7,000社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のお客様の無くしてしまったデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,300万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、14年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループ企業のリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。