AOS データ社、X-Tech で食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」サービスを開始
~タイパのいい年末調整にデータを用いる Data to AI®仕事術~

By 2024年2月2日 お知らせ

AOS データ社、X-Tech で食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」サービスを開始

~タイパのいい年末調整にデータを用いる Data to AI®仕事術~

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 吉田 宣也 以下 AOS データ社)は、年末調整において、給与明細や社員情報など機密性の高いデータをセキュアな保存管理から、必要な会計・法律関係のデータを横断的に共有する業務管理までデータを総合的に総合的にマネジメントすることができる食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」(https://AOSIDX.jp/)サービスを、2024年2月2日より販売開始することをお知らせします。

BOTechでデータを統合管理する「バックオフィスデータプラットフォーム AOS IDX」

■高まる食品業界の年末調整におけるテックのニーズ

現代の食品業界は、絶えず変化する市場のニーズに迅速に対応するために、テクノロジーの力を借りることが増えています。特に年末調整のプロセスでは、効率性、精度、および従業員の利便性を高めるために、様々なテクノロジーが活用されています。これは単に時間の節約だけでなく、コンプライアンスの向上、データのセキュリティ強化、そして全体的な組織の効率化にも寄与します。このような背景のもと、食品業界における年末調整で特に需要が高まっているテクノロジーを挙げます。

  1. 自動化された給与・税務処理システム
    給与計算、税金の源泉徴収、年末調整などのプロセスを自動化し、人的ミスを減らし、効率を向上させます。クラウドベースの給与管理システムや会計ソフトウェアが含まれます。
  2. データ分析ツール
    従業員の給与データ、控除情報、その他の関連データを分析し、税務プロセスの最適化に役立てる高度な分析ツールです。
  3. 電子文書管理システム
    税務文書や関連書類のデジタル化により、書類の保管、アクセス、および処理を容易にします。クラウドストレージサービスや文書管理システムが含まれます。
  4. 統合されたHRシステム
    従業員の個人情報、給与データ、税務情報を一元管理するシステムです。年末調整のプロセスがスムーズになります。
  5. セキュリティソリューション
    従業員の個人情報や財務データの保護には、強固なセキュリティ対策が必要です。暗号化、アクセスコントロール、セキュリティ監視ツールが含まれます。
  6. モバイルアクセシビリティ
    従業員が自分の給与明細や税務関連の文書に簡単にアクセスできるように、モバイルデバイスからも情報を確認できるシステムを提供。
  7. AIと機械学習
    税務プロセスのさらなる自動化と最適化、例えば、控除の適用可能性の予測やエラーの検出に役立ちます。

食品業界における年末調整のテクノロジー

食品業界の企業は、これらのテクノロジーを利用することで、年末調整のプロセスをより迅速かつ正確に行うことができ、コンプライアンスのリスクを低減し、従業員の満足度を向上させることが可能です。

■食品業界向け年末調整ソフトの分野

食品業界では、従業員の多様性や複雑な給与体系を考慮した上で、年末調整を行う必要があります。このプロセスを効率的かつ正確に実施するためには、専門的な年末調整ソフトウェアが重要な役割を果たします。これらのソフトウェアは、従業員の給与計算、税額控除の管理、税金の調整といった面で業務をサポートし、企業のコンプライアンスを確保します。また、法規制の変更に迅速に対応し、税務申告の精度を向上させるためにも欠かせません。食品業界においては、特に以下のような機能や領域を持つ年末調整ソフトが求められています。

  1. 給与計算機能: 従業員の給与、賞与、その他の手当を計算し、これらに関連する税金の源泉徴収を行います。
  2. 税額控除の管理: 基礎控除、扶養控除、社会保険料控除、住宅ローン控除など、従業員が適用できる様々な税額控除を管理し、正確に計算します。
  3. 税額の調整と報告: 年間を通じて源泉徴収された税金と、実際の課税所得に基づく税額との差額を計算し、必要に応じて追加納税または還付を行います。
  4. データ入力と処理の自動化: 従業員の個人情報、所得、控除に関するデータの入力と処理を自動化し、効率化を図ります。
  5. 電子申告システムへの対応: 税務申告を電子的に行うための機能を備え、国税庁などの関連機関への報告をスムーズに行えるようにします。
  6. 従業員への情報提供: 年末調整の結果を含む給与明細書を従業員に提供し、税金に関する透明性を保ちます。
  7. セキュリティとプライバシーの保護: 従業員の個人情報や財務データを安全に保管し、不正アクセスやデータ漏洩を防止するためのセキュリティ機能
  8. 法規制の遵守: 税法やその他の関連法規に準拠した処理を保証するための機能

食品業界の年末調整の特長とバックオフィスデータ管理の重要性

以上のように、食品業界向けのバックオフィス管理は、年末調整プロセスの効率化、正確性の向上、コンプライアンスの確保など、多方面にわたる利点を提供します。

■食品業界向け年末調整バックオフィスデータ管理が果たす役割とAOS 年末調整 について

食品業界では、年末調整の際に従業員の給与データや税務情報を効果的に管理することが重要です。このプロセスを支援するために、バックオフィス管理の役割は非常に大きく、それは単にデータの集約にとどまらず、その保管と共有においても多くの利点をもたらします。効率的なデータ管理、セキュリティの強化、透明性の向上、法規制の遵守など、これらはすべて年末調整をスムーズかつ正確に実施するために不可欠です。こうした背景を踏まえて、食品業界向けバックオフィス管理が年末調整において提供するデータの保管と共有が果たす具体的な役割は以下の通りです。

  1. 効率的なデータ管理: バックオフィス管理は、従業員の給与情報、税額控除の詳細、その他の関連情報を一元化して保管します。データの検索、更新、および分析が迅速かつ容易に行え、年末調整のプロセス全体の効率が向上します。
  2. 正確性と一貫性の保持: すべての関連データが同一のプラットフォーム上に集約されることで、データの正確性と一貫性が保たれます。計算エラーや誤った情報に基づく不正確な税額調整を防ぐことができます。
  3. セキュリティの強化: 従業員の個人情報や財務データは非常に機密性が高いため、プラットフォームはこれらのデータを安全に保管し、不正アクセスやデータ漏洩から保護するための高度なセキュリティ対策を提供します。
  4. アクセスの容易さ: 従業員や管理者が必要な情報に簡単にアクセスできるようになります。従業員は自分の給与データや年末調整の進行状況を容易に確認でき、透明性が向上します。
  5. 法規制の遵守: バックオフィス管理は、税法や労働法などの法規制に準拠してデータを管理し、企業がコンプライアンス要件を満たすのを支援します。
  6. 協力とコミュニケーションの改善: データの共有機能により、異なる部門やチーム間での情報共有が容易になり、協力とコミュニケーションが促進されます。
  7. リアルタイムのアップデートとレポート: 最新のデータに基づくリアルタイムの分析とレポートが可能になり、企業は迅速に意思決定を行い、必要に応じて戦略を調整できます。

食品業界における年末調整バックオフィスデータ管理の
データの保管と共有の役割

これらの役割は、食品業界における年末調整プロセスをより透明で、効率的かつ正確にするために不可欠です。プラットフォームの導入により、従業員の満足度の向上、管理コストの削減、そして税務上のリスクの低減が期待されます。

■食品業界の年末調整におけるデータとデータ活用

食品業界の年末調整では、多岐にわたるデータの精確な管理と分析が不可欠です。従業員ごとの給与データ、税額控除情報、個人情報など、さまざまな情報を正確に処理し、適切な税額を算出する必要があります。このプロセスは、従業員の満足度を高め、企業の税務コンプライアンスを保証するために重要です。ここで紹介する分野では、食品業界に特有の年末調整におけるデータの種類とその活用方法を具体的に説明します。これらのデータの適切な管理と活用は、年末調整を効率的かつ正確に行うために不可欠な要素です。

  1. 給与データ管理
    – 具体的なデータ: 従業員の基本給、時間外手当、賞与、その他の手当
    – 活用方法:データを集計し、年間の総所得を計算。税額を算出するための基礎データとして利用
  2. 税額控除情報
    – 具体的なデータ: 扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、住宅ローン控除等
    – 活用方法: 従業員ごとの控除額を計算し、課税所得を調整。年間の所得税額を正確に算出
  3. 従業員の個人情報
    – 具体的なデータ: 名前、住所、扶養家族の数、生年月日等
    – 活用方法: 扶養控除などの適用を判定し、正しい税額を計算するために使用
  4. 社会保険料の情報
    – 具体的なデータ: 健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料等
    – 活用方法: 社会保険料控除の計算に用い、課税所得から差し引き、正確な税額を算出
  5. 年間の総所得と源泉徴収額
    – 具体的なデータ: 年間の総所得額、月々の源泉徴収税額
    – 活用方法: 年末調整において、既に支払われた税額と実際に支払うべき税額の差額を計算し、追加納税または還付額を算出
  6. 経費とビジネス関連費用
    – 具体的なデータ: 出張費、交通費、研修費等
    – 活用方法: 必要経費として計上し、課税所得の減少に寄与。税額の正確な計算を支援
  7. リモートワーク関連のデータ
    – 具体的なデータ: 在宅勤務に伴う費用、インターネット利用料金、オフィス用品購入費等
    – 活用方法: リモートワークに関連する経費を特定し、これらを経費として適切に処理

これらのデータを適切に管理し活用することで、食品業界の企業は年末調整を正確かつ効率的に行い、従業員に対して適切な税額を計算し提供することができます。また、これにより、税務上のリスクを低減し、従業員の信頼と満足度を高めることにも寄与します。

■食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」の特長

「AOS 年末調整」は、厳格かつ柔軟なアクセス権限管理機能や、ドキュメントへの検索用メタデータ付与によるデータ検索性の強化、AIデータ活用に向けたマルチモーダルAIへの対応、ファイルビューアー機能、暗号化および監査機能、バックアップ機能、および大容量長期保管向けアーカイブシステム機能を備えています。AOS 年末調整は、業務に携わる企業向けに設計されたクラウドストレージのSaaSです。

(1)年末調整分野におけるデータをバックアップし、どこからでもアクセスできるようにする
(2)内部や外部と安全な共有をし、チームコラボレーションを効果的に行う
(3)すべてのドキュメントのバージョンと変更を追跡する
(4)VDRドリブンセキュリティにより、セキュリティとコンプライアンスを最大化して、企業内外の関係者のデータを安全に保つ
(5) AI活用を見据えた検索用メタタグ機能
(6)大規模なコスト削減を可能にする大容量データ管理機能
(7)独自カスタムブランドでの展開、ロゴ設定可能
(8)マルチモーダルAIへの対応

■食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」とData to AI仕事術

年末調整を取り巻く環境や携わる企業内に存在する様々なX-Techにおけるツールやデバイスで生成される膨大なデータを適切に管理することで、AIに向けたデータ活用の準備を進めることができます。
AIにおけるデータプラットフォームには、AIデータの源となる、各分野に分散されている大量かつ多岐にわたるデータドリブンのためのデータを効率的かつ安全に収集、保存、管理することが求められ、これらのAI学習データを適切に保存管理することができる AIデータマネジメントが重要です。AIの成功は、AIアルゴリズムのトレーニングに使用するトレーニングデータの品質と、AIライフサイクルによるメンテナンスが重要な鍵となります。

年末調整におけるデータマネジメントとAIライフサイクル

AIの精度を高めるためには、データの品質を向上させることも重要です。AOS IDXにおけるデータ管理は、データの品質を確保するためにも重要です。データの収集、整理、保存、共有、分析などの過程で、データの品質を確保することが必要です。

AOS IDXでは、こうしたAIライフサイクルの仕組みとマルチモーダルAIへの適用に基づき、AIデータにおけるAIシステムのためのAIデータ管理を行い、企業における優秀なデータがあって初めて優秀なAIシステムを実現できるというData to AIのコンセプトの元、AOS IDXによって、水産業の効率性向上、リスクの最小化、持続可能な運営を実現向けたプラットフォーム構築を支援します。

■「AOS 年末調整」を支える各賞受賞実績の技術

「AOS 年末調整」は、経済産業大臣賞に輝くAOSグループのリーガルテックの技術、ITreview Grid Awardの3部門で13期連続受賞、2020年11月ITreview Customer Voice Leaders受賞の「AOSBOX」のクラウドバックアップ技術、BCN AWARD システムメンテナンスソフト部門最優秀賞を14年連続受賞したデータ管理技術、経済産業大臣賞を受賞したグループ企業のリーガルテック社のVDR技術を融合し、安全なデータのやりとりと共有および保管システムを基盤とするインテリジェントなDXソリューションとして開発されました。Xソリューションとして開発されました。

■食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」サービス概要(https://AOSIDX.jp/
  • サービス名: 食品業界向けバックオフィスデータ管理「AOS 年末調整」(ショクヒンギョウカイムケ バックオフィスデータカンリ エーオーエスネン マツチョウセイ)
  • 提供開始:2024年2月2日
  • 価格:月額16,500円(税込)~

【AOSデータ株式会社について】

名 称:AOSデータ株式会社
代表者:吉田 宣也
設 立:2015年4月
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円)
URL: https://www.aosdata.co.jp/

AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業7,000社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のお客様の無くしてしまったデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,300万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、14年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データのフォレンジック調査や証拠開示のEデイスカバリサービスで数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループ企業のリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセットマネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。また、 若手隊員の登用・育成を促進し、防衛省の優秀な人材確保・育成に寄与することを目的として作られた若年定年制度を支援し、先端技術のエンジンニアキャリアが活かされる産官連携で日本社会に貢献します。