AOSデータ社、クリーンテックカオスマップ2023版公開 ChatGPTで32業界クラスターに
〜環境に関わる企業の成長を Data to AI® プラットフォームで支援〜
2023年12月7日クリーンテックフォーラム開催

By 2023年11月28日 お知らせ

AOSデータ社、クリーンテックカオスマップ2023版公開 ChatGPTで32業界クラスターに

〜環境に関わる企業の成長を Data to AI® プラットフォームで支援〜

2023年12月7日クリーンテックフォーラム開催

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下 AOS データ社)は、環境に関連するクリーンテック分野の32業界クラスターを網羅した「カオスマップ」を公開しました。本マップは、市場が拡大している環境業界におけるテクノロジーの最新動向を把握するための一助となることでしょう。

環境問題に取り組んでいる企業は近年、ABC MIND(AI、Blockchain、Cloud、Metaverse、IoT、Network、Data)などの先端技術の進化により大きな変革を遂げています。これらの技術は、環境を守り、カーボンニュートラルを実現するための効果を高め、新たなビジネスモデルを生み出す可能性を秘めています。クリーンテックは、環境問題に直面する企業がこれまでの課題を解決し、環境に関わる企業のビジネスを劇的に変える力を持っています。

これらの技術が環境問題に直面する企業にどのように取り入れられ、どのように活用されているのかを理解するために、AOSデータ社は、ChatGPTを使って、各領域を8つのメインカテゴリと4つのサブカテゴリ、合わせて32業界クラスターに分け、各クラスター毎に代表的な日本の企業をピックアップした「クリーンテックカオスマップ」を作成しました。

クリーンテックカオスマップ2023版

クリーンテックカオスマップ2023版は、再生可能エネルギー、エネルギー効率、水と廃棄物の管理、グリーンビルディング、クリーンな輸送、環境保護技術、クリーンエネルギー貯蔵、クリーンテック研究と開発の8つのメインカテゴリで構成されています。それぞれのカテゴリはさらに、より具体的な4つのサブカテゴリに細分化され、一つ一つの業界クラスターには、その分野で活躍する企業がリストアップされています。

本マップは、環境業界のステークホルダーがテクノロジーの最新トレンドを把握し、その影響を理解するのに役立つ情報源となることでしょう。また、クリーンテックのエコシステムを探る際の参考にもなります。

AOSデータ社は、今後も環境業界の動向を見つめ、最新の情報を提供し続けることで、業界全体の発展に寄与してまいります。環境業界はデジタル化と革新を通じて、更なる成長と発展を遂げることでしょう。

■クリーンテックが全ての環境業界のDXを推進

2023年は、AIブームが世界に到来し、毎日のように生成AIの話題で世界中が湧きかえっています。現在は、第四次産業革命が進展しており、環境業界でも劇的な変革が起こっていますが、それらは、クリーンテックと呼ばれています。クリーンテックとは、クリーンとテクノロジーを組み合わせた造語で、環境に優しい技術やサービスを指す言葉です。AOSデータ社は、このクリーンテックの発展に不可欠なクリーンデータプラットフォーム「AOS IDX」を提供し、環境業界のDX推進を支援しております。

AOSデータ社は、今後も業界の動向を追い、革新的なクリーンテック企業の登場を支援いたします。この「クリーンテックカオスマップ」の目的は、企業が環境業界の動向を理解し、新たなビジネス機会を探求することで、全体的なX-Techエコシステムの構築を支援することです。

▼ X-TechのInside実装については、こちらをご参照ください。
https://www.aosidx.jp/xtech/

■今回、掲載したクリーンテックカオスマップの業界クラスタ一覧
  1. 再生可能エネルギー(太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電)
  2. エネルギー効率(建物の省エネ技術、スマートグリッド、LED照明、省エネ家電)
  3. 水と廃棄物の管理(廃水処理、廃棄物リサイクル、海洋汚染防止、水資源管理)
  4. グリーンビルディング(省エネ建材、エコフレンドリー建築デザイン、緑化プロジェクト、環境に優しい住宅)
  5. クリーンな輸送(電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車、サステナブルな公共交通)
  6. 環境保護技術(CO2削減技術、生態系保護、持続可能な農業、天然資源の持続可能な利用)
  7. クリーンエネルギー貯蔵(バッテリー技術、熱エネルギー貯蔵、フライホイール、水素エネルギー貯蔵)
  8. クリーンテック研究と開発(新しいエネルギー源の開発、環境技術のイノベーション、クリーンテックの教育と啓蒙、環境政策と規制への対応)

<ロゴ・サービス名称の掲載について>
カオスマップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。

使用上問題がある場合は、お手数ですが「pr_data@aosdata.co.jp」までご連絡ください。

■X-Techの「クリーンテック×AI/DXフォーラム」を2023年12月7日開催

グローバルと日本のクリーンテックからみる最新GXおよびEX事例をご紹介するX-Techのクリーンテック×AI/DXフォーラムを2023年12月7日に日経ホール&カンファレンスルームで開催いたします。

(1)日時:2023年12月7日(木)14:00~17:30
(2)会場:日経ホール&カンファレンスルーム「日経・大手町セミナールーム1」 https://www.nikkei-hall.com/access/
東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F *当日は、オンラインとハイブリッドで開催予定です。
(3)お申し込み先: https://form.aosdata.co.jp/corporate/event2313-input/
(4)アジェンダ

「クリーンテック xAI/DXフォーラム」アジェンダ
14:00~14:05挨拶 「Data to AI企業へ」
AOSデータ株式会社 執行役員CSO AI・DXデータ事業部長 宮本琢也
14:05~14:40「シリコンバレーに学ぶグローバルクリーンテックと日本の現在地」
東北電力株式会社 事業創出部門 アドバイザー
大阪大学フォーサイト株式会社 取締役、VP 出馬弘昭 氏
14:40~15:10「アークエルテクノロジーズが目指すカーボンニュートラルの社会実装」
アークエルテクノロジーズ株式会社 シニアマネーシャー 石埼正宏 氏
15:10~15:45「クリーンテックにData to AIエンジンを実装せよ!
クリーンデータプラットフォーム AOS IDX」
AOSデータ株式会社 取締役 志田大輔
15:45~16:05名刺交換 × 体験
16:05~16:35「リサイクル生産現場のデジタイズとトレーサビリティ」
株式会社ブライトイノベーション 環境DXチームマネージャー 川地 茂 氏
16:35~17:05「TBM が推進する再生材活用の現在と将来
~再生材調達のデジタル化×デジタル製品パスポート~(仮題)」
株式会社TBM 資源循環イノベーション部
サーキュラーエコノミーアクセラレーター 五十嵐一樹 氏
17:05~17:25「ビジネスアイデアを簡単に特許に!生成AIが変える産業の未来」
Tokkyo.Ai株式会社 取締役COO 平井 智之
17:25~17:30アンケートのお願い

*本アジェンダは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

【AOSデータ株式会社について】

名 称:AOSデータ株式会社
代表者:春山 洋
設 立:2015年4月
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円)
URL: https://www.aosdata.co.jp/

AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業7,000社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のお客様の無くしてしまったデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,300万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、14年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データのフォレンジック調査や証拠開示のEデイスカバリサービスで数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループ企業のリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセットマネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。また、 若手隊員の登用・育成を促進し、防衛省の優秀な人材確保・育成に寄与することを目的として作られた若年定年制度を支援し、先端技術のエンジンニアキャリアが活かされる産官連携で日本社会に貢献します。